ワークスアプリケーションズ・インターン これから受ける方へ その1

http://lifelikeboxofchocolates.blogspot.jp/2009/09/blog-post.html
に書かれていましたが、

————————————————
この日記は2009年年度夏の「(株)ワークスアプリケーションズ 問題解決能力発掘インターンシップ」について書いたものなので、2009年度の冬以降のインターンに臨まれる人は新しい情報に気をつけてください。
2009年夏の選考は、一次(筆記&小論文)→二次(プレゼン&プレゼンについてのGD)→オリエン(GWとか)→最終選考(簡単なプログラミングとプレゼンを2日間にかけてやる)→インターン参加→パス取得となっています。日経の記事(→http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/tegakari.aspx?site=MARKET&genre=c5&id=AT2D13014%2013082009)でも書かれているように予算が大幅カットになったことからインターン参加人数・パス取得者数は自分が参加したインターン回以前のそれに比べると大幅に減っています。
後半は個人的な感想なのであまり参考にならないかも知れませんが、インターンを受けるかどうか迷っている、またどんな内容なのかを知りたい人は参考にしてください♪
————————————————

2012年度夏は、一次(ES提出、グループディスカッションの講義、ロジカルシンキングテスト)→二次(アルゴリズムテスト、ロジカルシンキングテスト、グループディスカッション)
といった感じでした。
2011年度夏もほぼ同様の内容だったと聞いております。

https://jinjibu.jp/article/detl/tonari/239/

No comments yet.

コメントを残す